野球肩肘検診

超音波エコーを使うことによってレントゲンでは映らない軟骨 靭帯 筋肉の観察をする事が出来ます。

また野球肘 野球肩の早期発見に役立ちます

野球肘 野球肩について

野球肘 野球肩等の投球障害は最近よく耳にする事が多くなったと思いますが

実際どうゆうものなのかがあまり知られていません。


野球肘

 

野球肘にも種類があり 大きく分けると肘の内側と外側になります

特に多いのが内側の骨が剝(は)がれる上腕骨内側上顆障害です

エコーで見るとこんな風に見えます

上腕骨内側上顆障害

左が上腕骨内側上顆障害で骨が剥がれているエコー画像です 右はケガをしていない反対側の肘の画像です。

赤○をしている部分が骨が剥がれている部分です。この状態になっている選手は
肘の内側を抑えると痛い 投げると痛い 肘が曲がらない 伸びない等の症状を訴えて来院されます。

離断性骨軟骨炎

肘の外側の代表的な野球肘は離断性骨軟骨炎です

赤○でつけた左側が離断性骨軟骨炎 右側がケガをしていない肘です

離断性骨軟骨炎は癌と一緒で初期症状が無く気づかないことがほとんどです

痛みを訴えてきた時には、ほとんどのケースがかなり進行しています。

離断性骨軟骨炎の最悪なケースは手術です。今までの経験上、手術適応になる場合が多いです

これを予防するには、当院にもある超音波エコーを使った検診による早期発見がとても重要です

野球肩 リトルリーガーショルダー

野球肩で一番多いのがリトルリーガーショルダーといわれる肩の軟骨が投球動作による牽引によって剥がれてしまうことです

左側がリトルリーガーショルダーです

リトルリーガーと名前がついているので小中学生しかならないのかと思われますが、高校生でもなります。

リトルリーガーショルダーは野球肘よりも治りが良いと言われています

当院では超音波エコーで観察して上記のような 野球肘 野球肩が疑われる場合は、当院からの紹介で野球専門の

ドクターに診て頂き診断をして頂いています。

野球肩肘検診

内容 超音波エコーによる肩肘の観察 各関節の柔軟性の評価

   評価に基づくストレッチ トレーニング指導

料金 3500円

要予約

084-943-1570

naoseikotuin@hotmail.co.jp

   

ブログ更新中!

高校野球へ向けてどちらもど真ん中を振ってますどちらが意図している場所を振っているでし... (金, 24 11月 2017)
>> 続きを読む

お昼の時間に 開星高校 対 下関国際高校の試合を見に福山市民球場へ下関国際はよく打ちま... (火, 31 10月 2017)
>> 続きを読む

パートナーサイト

ホーム

当院について アクセス

メニュー・料金

よくある質問

お問い合わせ

ブログ

ULTIMATE

   ストレングス&コンディショニングルーム

カウンター カウンター